できるアイツは使ってる!勤怠管理アプリ(無料版)情報まとめ

HOME » 勤怠管理以外の仕事効率化アプリとは? » 仕事効率化アプリの種類をチェック

仕事効率化アプリの種類をチェック

勤怠管理以外に、仕事効率化に役立つアプリはどのようなものがあるのか。その種類を調べてみました。

仕事効率化アプリにはどのような種類があるのか

勤怠管理以外にも、仕事を効率化させるアプリは色々あります。上手に活用すれば、思っている以上に使えて会社での成績アップにもつながるかもしれません。ここでは代表的な仕事効率化アプリの種類を紹介します。

上手に利用したい仕事効率化アプリ一覧

■ToDoアプリ
やらなければいけない事をまとめておけるToDoアプリは、スマホに入れておくととても重宝します。

例えば私が使っている「Any.DO」というアプリでは、今日の日付をタップすると今日やるべきことのリストが現れるので、後で「しまった!」というミスが防げます。

仕事だけでなく生活でも役立つのがうれしいアプリです。

■名刺・書類スキャニング
あっという間に増えていってしまう名刺は、アプリで管理するとスマートです。端末のカメラを使って撮影するだけで画像が取り込まれるので、手間いらずで簡単。

アプリによってはグループ設定や検索キーワード、メモなどが保存できるので、名刺入れから時間をかけて探すこともなくサクサクと必要な名刺を見つけることができます。

■文書の作成・表計算
ビジネスパーソンに必須のWordやExcelを外出先でもスマホで簡単に使えるアプリがあります。例えば「OfficeSuitePro6+」など。

有料ですが、普段使っているWordやExcelと同じような感覚で文書作成や表計算が出来ます。外出先や移動中にちょこっと作成しておきたい、編集しておきたいという方には便利でしょう。

■ボイスメモ
声を記録しておきたいと思ったときに役立つのがボイスメモ。アプリの中では、時間をさかのぼって録音できる不思議なボイスメモもあり、好評だそう。

記録したいなと思ったときは突然なことが多いので、そんな時にこのようなアプリを使うと、大事な部分をピンポイントで録音することができます。

■PDFビューワー
メールで送られてきたPDFを見ることができるアプリです。通常はビューワーがないと対応していないファイルとして扱われてしまうので中を確認することはできません。

出先で急にPDFファイルを確認する必要がある方が前もってインストールしておくと重宝します。

 

 
仕事効率化のための勤怠管理アプリ使い比べサイト