できるアイツは使ってる!勤怠管理アプリ(無料版)情報まとめ

HOME » 勤怠管理アプリ選びの注目ポイント » 快適に操作できるか

快適に操作できるか

勤怠管理アプリの機能性で注目したいポイントを解説しています。

勤怠管理アプリを選ぶコツは「操作性」

勤怠管理アプリを選ぶのにまず注目して欲しいのが「アプリの操作性」です。現在さまざまな勤怠管理アプリが出ていますが、ほとんどのアプリがシンプルな機能で快適に操作できるように工夫をしています。

ヘルプ機能なんてなくても、ぱっと見るだけで手が動くようなデザインが多いので、操作に迷うこともほとんどないでしょう。

ただ実用するにあたっては、見た目のシンプルさだけでなく、いかに快適に操作が行えるか情報を管理できるのかを実際に使ってみて自分に合っているか確認してみるのが一番ですよね。

当サイトで紹介したアプリは無料から始められるものばかり。その中から私自身が使ってみて「これは簡単!」と感じた3つのアプリをここで紹介するので、参考にしてみて下さい。

操作が簡単なおすすめ勤怠管理アプリ

■勤怠管理GPS Punch!
他のアプリが日付や時刻を選び、「OK」などを押して毎日の出勤・退勤時刻を記録していくのに対し、GPS Punch!は画面上に出ている人型のボタンをワンタップするだけで記録が終わります。

早い人なら1秒もかからない位、本当にあっという間に記録できるというのが素晴らしいアプリです。GPS連動のため、ボタンひとつで時刻も場所も記録できるという点も、他にはない特徴ですね。

必要ならコメントを入力することも出来ますし、「移動」「休憩」といった行動も切り替え一つで済むため、アプリを使っている間は煩わしい操作は一切ありませんでした。

仕事効率化アプリ「GPS Punch!」をもっと詳しく

■モバ勤
こちらは「定時」というボタンをワンタップするだけで、あらかじめ設定された時間が入力されるため、毎日決まった時間に出勤・退勤する人には特に便利なアプリです。

画面はブラックをベースにしたシンプルなモノトーンデザインでとてもスタイリッシュ。設定画面も「保存」「リセット」しかないので、操作を間違えることもありません。

前日の入力内容を転記して使うこともできるので、サクサクと記録していくことができるため、シンプルな機能を快適に使いたいという方におすすめのアプリです。

■勤務ろぐ Free
色分けされた見やすい画面で、一目で現在の勤務日数や欠勤日数、残業時間などを確認することができます。

勤務時間も3パターン登録しておけるから、出勤・退勤時に煩わしい時刻設定なども必要なく、打刻が簡単。フリックするだけで前付・次月に移動できるのも手軽で良いですね!

ただし“マークの削除は同じマークを選択して2度押し”など、ちょっと覚えておかないといけないかなという機能も多々ありました。

 
仕事効率化のための勤怠管理アプリ使い比べサイト