できるアイツは使ってる!勤怠管理アプリ(無料版)情報まとめ

HOME » 勤怠管理アプリで仕事効率化レポート » 勤怠管理アプリで実感している仕事効率化

勤怠管理アプリで実感している仕事効率化

仕事効率化に役立つ勤怠管理アプリ「GPS Punch!」を使って、実感している効果をレポートします。

勤怠管理アプリ「GPS Punch!」の仕事効率化効果は?

勤怠管理 GPS Punch仕事で1日GPS Punch!を実際に使ってみると、様々なメリットを感じられます。その一つとしてまずあげたいのが、「自分の行動が詳細に分かること」です。

GPS Punch!は他のアプリとは違い、GPS連携が出来るため、勤怠管理だけでなく動態管理も同時に行うことができます。

例えば出勤。通常の勤怠管理アプリでは時刻のみを記録できるのに対し、GPS Punch!は時刻と現在位置を一瞬で記録します。いつでも現在時刻をそのまま正確に記録するため、毎日の定時出社があてはまらない方には本当に便利だと思います。

忙しい外回りを終えて帰宅した後でも、1日の行動パターンを時系列や地図上で確認することができます。「ここは無駄な動きだった」「こう回るともっと効率が上がるはず」など、より効率的な行動を考えることもできます。

メンバーともリアルタイムで情報共有が可能

リアルタイムでグループ情報が共有できるのも、GPS Punch!の魅力です。

私の会社では全員がGPS Punch!をインストールして利用しているため、グループ内の位置情報を確認することができます。

いつでもグループ内のメンバーの動きがチェックできるため、「ヘルプですぐに現場に行ける人はいないかな」という場合でも、誰がそばにいるのかが地図を見るだけすぐにわかります。

また、私のように途中で合流したい場合は、相手がまだ訪問中なのか移動しているのか、そばに来ているのかが分かるためとても便利。

無料の勤怠管理アプリでここまでの機能を持ったものは、今のところGPS Punch!だけですので、他のアプリではこうはいきませんね。

仕事の効率化と同時に、正確な報告業務が可能に

今までのスタイルだと、出勤や退勤などは会社へ電話連絡をしなくてはいけませんでした。受ける会社側でも電話応対に時間や手間が取られてしまい、とても効率が良いとは言えませんでした。

こちらも忙しいと報告が後回しになってしまったり、日報の時刻も「何分だったかな…だいたいでいいか」といった曖昧な報告になってしまったりと、アバウトな部分も正直なところあったと思います。

でもGPS Punch!をスマホに入れてからは、電話連絡の必要がないため時間がとられず、仕事効率がアップ。なおかつ会社への報告も、GPS連動で正確に行えるようになりました。

仕事効率化アプリ「GPS Punch!」をもっと詳しく

 
仕事効率化のための勤怠管理アプリ使い比べサイト